読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなあったかい日は

こんにちは。

ふわふわのかぼすです。

 

今日はまた暖かいですね。

言わずもがな僕は小田和正さんの大ファンです。

本当に大好きです。

 

「政治」「宗教」「野球」の話はするな!といわれますが、僕的には「音楽の話も割りとタブーなのかな?」と思うことが多々あります。

分かり合えない感情ってありますからね。

※それと、僕の周りの同世代に「小田和正さんとオフコースが大好きです!」と言ったところで、本当に分かってくれませんから。なぜだ。。。

 

でも今日はあえて、ちょっと触れてみようと思います。

ちょっとだけね。ほんの少し。

いつかしっかりと書きたいなぁと思うのですが、中々ね。

生半可は嫌だし。

 

かぼす的には小田さんの曲を聴くのに適した季節や時間があると思います。

勿論年中聴いているのですが、それでも、「ああ良いなぁ」と本当に思える時がある訳ですね。

それは、今の時期、この暖かくなりつつあるこの時期から、初夏の季節。

窓を開けると、さわやかな風が吹き、それを感じながら、小田さんを聴くと。

すごく良いんですよ。

(といっても、花粉が酷いので例年はあまりこの時期は窓を開けて聴く事はありませんが。)

 

特に、この時期は、「あの日あの時」という、去年のちょうどこの時期にリリースされたベストアルバムに収録されている「僕の贈りもの」が最高です。

さわやかで、この時期に聞くともうヤバイです。

ここ数年はオフコースを聞いているときの方が長かったですし、「オフコース万歳」といいそうなくらいですが、、、

「ワインの匂い」とかすごく良いです。好きです。

 

話がズレズレですね。

とにかく、この時期から夏ごろが旬です。

何時も本当にいいですが、特に今、聞いてみてはどうでしょうか?

 

P.S

親(&弟)に「小田和正さん!」という話題をすると『もう終わりだね♪』と返されるか『言葉に出来なぁい♪』と返されて茶化されて、、、ブツブツ)

感性が違うようです。