Xperia X Performanceの外装とLCD含むパーツを交換した話(7.LCD取付け)

こんばんは!

 

このシリーズではジャンクで入手したXperia X Performanceの修理を紹介しています。

前回は細々としたパーツを取り外しましたね。

今回はいよいよLCDを付けていきます。

 

この記事は分解、改造などの内容を含みます。
記事を参考にし、生じた損失について、
当ブログでは 一切の責任を負わないものとします。
Zシリーズよりも楽になったとはいえ、
めちゃくちゃ面倒臭いです。
当方ではサポートもできませんので、
故障した際などは迷わずキャリア、
もしくは修理店へお持ちください。

 

 付ける前に、取ってみた

せっかくなので、比較のためにも古いハウジングからLCDを取り外していきます。

とはいっても、あまり本題と関係ないので、あっさりと。

f:id:creators_plus:20180610103919p:plain

矢印のようにホットガンを当て、よく温めます。

その後、頃合いを見て、バックパネルを外した時のように吸盤とカードを使って取り外します。

 

f:id:creators_plus:20180610103927p:plain

 

見比べてみた

古いLCDと新しいLCDを見比べてみましょう。

f:id:creators_plus:20180610105036p:plain

 

f:id:creators_plus:20180610105551p:plain

ノギスで測ったわけではないですが、新しいLCDの方が若干厚みがあります。

 

ハウジングも見比べておきましょう。

f:id:creators_plus:20180610110328p:plain

特筆すべきことはありません。とてもきれいです。

 

f:id:creators_plus:20180610110045p:plain

が。ここ。黒いの。

 

f:id:creators_plus:20180610110052p:plain

新しいLCDにはありません。

移植しようと思いましたが、今回は断念しました。

 

防塵メッシュテープを貼る

よく見比べたところで、LCDを新しいハウジングにつけていきましょう。

ただ、その前に、LCDのスピーカー部に防塵のメッシュテープを貼りましょう。

f:id:creators_plus:20180610111133p:plain

これですね。

 

よく位置を合わせて...

f:id:creators_plus:20180610111341p:plain

ペタリ。

 

逆側も同様です。

f:id:creators_plus:20180610111553p:plain

 

f:id:creators_plus:20180610112040p:plain

ちょっと曲がっている気がするのは、気のせいです。。

 

LCDを取り付ける

ここまででLCDをつけるための準備は殆ど完了しています。

では付けていきましょう。

f:id:creators_plus:20180610112426p:plain

 

f:id:creators_plus:20180610112847p:plain

まず、LCD側の青いフィルムをはがします。

※まだハウジングの方は剥がさない。

 

f:id:creators_plus:20180610112704p:plain

その後、ホットガンで青いフィルムの下にある、防水テープを温めながらヘラの腹で程よく圧着します。

これが不十分だと、青いフィルムを剥がした時に、一緒に防水テープも剥がれてしまいます。

この工程が終わったら、青いフィルムを剥がしましょう。

 

f:id:creators_plus:20180610113456p:plain

きれいに剥がせましたね?

ここまで来たら、LCDのフレキシブルケーブルを先にハウジングの穴に通して、ゆっくりをハウジングに固定します。

※写真を撮り忘れてたので、iFixitの動画を参考に作業してください。

位置を正しく合わせられたら、圧着をします。

 

今日はここまで!

お疲れ様でした。

 

次回はメインフレキシブルケーブルをつけていきます。

 

では!

 

 

目次(予定含む)